女性

低刺激で肌を守る化粧品

低刺激の化粧品で肌の回復

女性

花粉症の時期になると決まって肌荒れしたり、いつも使っている化粧水が肌に染みたりする時は、肌が弱っていてデリケートな状態になっています。このような時は化粧水の成分などが肌に刺激を与えてしまって、しみたりかぶれを起こしやすくなります。肌に水分や美容成分を浸透しやすくして、肌の潤いを高めるために化粧品には様々な化学成分が使われています。それが肌に刺激を与えて揺らぎやすくすることがありますから、敏感肌や肌荒れを起こしている時には、無添加タイプの化粧水を使いましょう。石油由来の合成成分が使われていない無添加タイプなら、低刺激で肌トラブルを起こしにくく、肌にしみたりしません。バリア機能を破壊しにくいというメリットもありますから、敏感肌でも安心して使えます。

添加物の種類の有無

日本では無添加化粧水の厳密な決まりはありませんから、メーカーや化粧水の種類によって無添加の捉え方が違っています。旧指定成分という、皮膚アレルギーのリスクを起こしやすい成分を省いただけのものから、合成成分を全く使わずに作られている完全無添加タイプまで、幅広くそろっています。そのため、無添加化粧水を選ぶ時には、何が無添加なのかをしっかりと確認しましょう。旧指定成分のみ省かれているものより、アルコールや着色料、香料など、多くのものが省かれているものほど、肌に優しいです。どんな添加物が使われているのか、あるいは、省かれているのかをしっかりと確認して、肌に負担がないかを自分で調べるのが大切です。化粧品の公式サイトや美容サイトの口コミを活用して、本当に肌に優しい低刺激なものを選びましょう。